ローカルに作ったgitリポジトリをGithubに上げる

ローカルでgitリポジトリを作って何度かコミットし、それをGithubに上げた。
このときcontributionsがどうなるかわからなかったが、結局ちゃんとコミットの日が緑になった。

方法

  1. Githubに新しいリポジトリを作る
    普通に”New repository”で作成。
    このときREADMEや.gitignore、LICENSEも作れるが、既存のリポジトリと衝突するのが怖いので作らなかった。
  2. コマンドを打つ
    上でリポジトリ作ると、その次の画面で注意書きが出る。
    その中に既存リポジトリをpushする方法が書いてある。その通りやればいい。

    Quick_setup

    git remote add origin https://github.com/<USERNAME>/<REPOSITORY_NAME>.git
    git push -u origin master
    
  3. Githubを見て、うまくpushされたか確認する
    contributionsもちゃんと緑になっていた。実はこれが一番心配だったのでほっとした。
    “Created 1 repository”は今日の日付だが、過去のコミットもcontributionsとして扱われているようだ。

その他の方法

Githubの右上の「+」を押すと”Import repository”があり、ここから既存のリポジトリ(gitでもsvnでも)をインポートできるよう。
だがここではURLを指定しないといけない。今回はローカルのリポジトリだったのでできなかった。

Import repository

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です